06
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キスの習慣




 どれぐらい親しくなれば、相手のほおと自分のほおをくっつけるあいさつ(cheek-to-cheek kiss)をしてもいいのか。何回、くっつけるのが正しいのか。イギリスに来てからずっと試行錯誤していましたが、いろんな国の人とあいさつすることによって、ようやく答えが見えてきました。
 イギリスでは通常、初めて出会った人には握手します。親しくなるにつれて男女問わず、軽く抱き合うこともあります。ここまでは教科書通りですが、去年のクリスマス前に同じ柔道クラブのお母さんコーチと分かれる際、ほおに軽くキスされました。このお母さんは、ほかの人にも同じように分かれのあいさつをしています。「イギリスでは最近、ラテン系のフランスなどの影響を受けてだんだんキスをするようになってきた」と、グリニッジ大学のマーク・フィルモア教授は言います。

20120331erasmus1b.jpg
(ルーマニア、ブルガリア、イタリア、フランスの学生たちと授業後に乾杯。ベルギー・ゲントで)

 フランスでは、少しでも親しくなれば右と左のほおを1回ずつくっつけてあいさつします。僕の場合、フランス人の女子学生2人と毎週のように中華料理のレストランに行っていますが、このあいさつができるまで1か月かかりました。彼女たちは日本にキスの習慣がないことを知っていたし、僕も「そんなにべったりとくっついて大丈夫かな」と遠慮していました。それでも、いったんキスの文化を受け入れれば、邪心を打ち消しつつ自然にあいさつできるようになりました。ちなみに、この学生のお母さんに食事に招待してもらったときは、初めて会ったにもかかわらず、お母さんから熱烈な抱擁(hug)とキスを受けました。
 先月、ベルギーの集中講義に参加したとき、ベルギー人の学生に右のほおを当てた後、左のほおを近づけたところ、「ベルギーでは1回だけなのよ」と制止されました。これはびっくり。国によって回数が違ったり、親しさの度合いによって接触の濃さが違ったり、複雑です。「こればっかりは、実際に体験してみないと理解できないよ。何とも言葉では説明しきれないね」と、同じくキスの習慣があるルーマニア人の学生は付け加えます。
 ヨーロッパには50以上の国があり、お互いに似ているところもあれば違うところもあります。ただ、相手の国のあいさつや習慣を正しくまねることができれば、急速に仲良くなれる、というのは間違いありません。



<キーワード> イギリス 留学 PR 海外 グリニッジ大学 大学院 社会人留学 ジャーナリズム Public Relations 広報 メディア British Council 新聞 記者 修士 master ロンドン オリンピック 五輪 学生
Secre

プロフィール

Sho100

Author:Sho100
For English version, please go to
http://
awesomesho1.blog.fc2.com/

 新聞記者を12年やって、2011年9月からイギリス・グリニッジ大学大学院へ。Public Relationsの修士コースで学び、2012年のロンドン五輪で柔道・レスリング担当の公式リポーター。
 柔道3段。TOEIC 945。TOEFL 89(IBT)。
 取材渡航歴:カナダ・バンクーバー(冬季五輪)、インド・ムンバイ(テロ事件)、アフガニスタン(テロ事件)、サイパン(刑事事件)
 得意分野:環境(COP10, Biodiversity)、教育(大学)、交通(ローカル線)
Email: shoy003あっとyahoo.co.jp
Twitter:あっとawesomesho

「当ブログの掲載内容は、私個人の見解によるもので、必ずしも所属する組織・団体の立場や見解を反映するものではありません」

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

Vistors

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。