10
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ベルギーの講義が終了 強力なネットワークを築く




 毎日が新しい発見の連続でした。ヨーロッパ連合をめぐるロビー活動をテーマにした7大学合同の集中講義は31日、2週間の会期を終え、学生たちはそれぞれの国に再び散らばりました。参加したメンバーは短期間で急速に仲良くなったため、なかなか分かれられず、あちこちで抱き合ったり、写真を撮ったりして最後の瞬間を楽しんでいました。
 講義の中で、ロビー活動をする人たちはまず対象者の情報を収集し、「同じ国の出身」「同じ活動をした」といった共通点をきっかけに接近していく、という話を聞きました。たとえば、スペイン・バレンシアの出身だったら、バレンシア選出の議員や出身の官僚を探しだすという具合です。
 ベルギーで2週間を一緒に過ごしたメンバーが再びどこかで出会うと、「あっ、君かー、あのときは大変だったけど、楽しかったね」という会話で始まり、「君の話なら喜んで聞くよ」と展開。やがては、よいビジネスのパートナーになるかもしれません。特に僕の場合、一度にこんなにいろんな国から来た50人と力強いネットワークを築けたのは大きな財産です。いつどこでこの人脈が役立つことでしょう。

20120329erasmus1a.jpg
(僕はどこに座っているでしょう? Awesomeshoを探せ!)

 グループ発表の課題は、けっこうレベルが高かったです。最後のテーマは、「2050年までに温室ガスの排出をさらに規制する長期計画について、各業界や市民団体、各国政府の立場からロビー活動の案を考えよ」という内容でした。参考資料として、ヨーロッパ連合の提案書、業界の提案書、新聞記事、計画に反対するポーランド政府のインタビュー、ヨーロッパ議会の議員のインタビューなどが与えられました。
 5~6人のグループで5時間以内に、議員にどうやって自動車業界やNGOの立場を説明するか、市民に対してはどのようなキャンペーンを展開するかといったPR活動を、20分の口頭発表にまとめました。時間に追われながらの作業は新聞記者時代を思い出させました。こんなハードな作業をこなしてきたから、余計にメンバーのきずなは深まりました。
 さて、いよいよ4月に突入です。修士論文のテーマの絞り込み、5月締め切りの論文4本、5月末の期末試験1本があります。


<キーワード> イギリス 留学 PR 海外 グリニッジ大学 大学院 社会人留学 ジャーナリズム Public Relations 広報 メディア British Council 新聞 記者 修士 master ロンドン オリンピック 五輪 学生
Secre

プロフィール

Sho100

Author:Sho100
For English version, please go to
http://
awesomesho1.blog.fc2.com/

 新聞記者を12年やって、2011年9月からイギリス・グリニッジ大学大学院へ。Public Relationsの修士コースで学び、2012年のロンドン五輪で柔道・レスリング担当の公式リポーター。
 柔道3段。TOEIC 945。TOEFL 89(IBT)。
 取材渡航歴:カナダ・バンクーバー(冬季五輪)、インド・ムンバイ(テロ事件)、アフガニスタン(テロ事件)、サイパン(刑事事件)
 得意分野:環境(COP10, Biodiversity)、教育(大学)、交通(ローカル線)
Email: shoy003あっとyahoo.co.jp
Twitter:あっとawesomesho

「当ブログの掲載内容は、私個人の見解によるもので、必ずしも所属する組織・団体の立場や見解を反映するものではありません」

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

Vistors

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック