10
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

忍耐と妥協の大切さを実感 16か国の学生たち




 ベルギーの集中講義は、スケジュールの半分の1週間を消化しました。講義の途中に発信したつぶやき(Tweet)が思わぬ誤解を生んだり、妥協の末にグループ発表の案を練ったりして濃密な時間を過ごしました。
 「なんで一部の学生は、プレゼンテーションしている学生のことを尊重しないのか」。発表者が目の前でしゃべっているにもかかわらず、途中で席を立ったり、私語を繰り返したりする学生があまりに多かったので、我慢できずにつぶやきました。これを見たポルトガルの学生が猛烈に反発しました。「ポルトガルでは、講義中に席を立ったり、しゃべったりするのは普通の出来事。ましてや、50人の学生が一度に行動するのは大変なことで、特に自分の場合は電話がかかってきたので席を立たざるを得なかった」と、言います。
 Tweetのタイミングが微妙でした。ちょうど、この学生が席を立って教授から注意を受けた後だったので、「個人攻撃ではないか」と返信してきました。まさに、これが文化の違い。イギリスや日本の大学では、「静かに聞くことで講師への敬意を示す」のが普通ですが、ポルトガルの大学ではちょっと基準が違うようです。真っ向から反論すると大火事に発展しそうな感じだったので、「もし悲しい思いをさせたとしたら申し訳ない。I like you」と返信しました。すると、彼から再び、グーグル翻訳を使ったぎこちない日本語で「おれも、おまえが好きだぜ」という内容のコメントが返ってきました。文化の違いを受け止めるには、痛みを伴いますが、新たな友情を生みます。

20120323Erasmus (7)a

<グループ発表のメンバー。全10グループで最高の85点を獲得しました>

 グループ発表では、16か国の学生がそれぞれの価値観や学んできたことをぶつけ合ったので、合意するのが大変でした。みんなが発表を終えた後、学生側に感想を求められたので手を挙げて言いました。
 「日本人、アジア人の視点から一つコメントします。今回の集中講義で、いかにヨーロッパの27か国が一つのコミュニティーを形成するのに苦労しているかわかりました。僕にとってヨーロッパを一つの団体としてとらえることはできません。ロンドン、パリ、ベルリンなどそれぞれが個性を持っているからです。でも、今回のグループ発表では違いを乗り越えて、時には我慢しながら妥協して無事にみんなが発表を終えました。これはすごいことです。日本が中国や韓国、インドなどと一緒に国境を越えたアジア連合を作るのは、まったく想像できません。でも、EUではそれをやってのけようとしているのです」
 我ながらいいことを言ったなあ、と感傷に浸っていたら、やはり会場から大きな拍手を受けました。講義が終わってからも、何人かの学生から「すばらしいスピーチだった。涙が出そうだった。その通りなんだよ」と声をかけられました。この集中講義に参加する前は、EUの部外者がEUのロビー活動を学んでためになるのか疑問でしたが、ここに来てよかったと思った瞬間です。



<キーワード> イギリス 留学 PR 海外 グリニッジ大学 大学院 社会人留学 ジャーナリズム Public Relations 広報 メディア British Council 新聞 記者 修士 master ロンドン オリンピック 五輪 学生
Secre

プロフィール

Sho100

Author:Sho100
For English version, please go to
http://
awesomesho1.blog.fc2.com/

 新聞記者を12年やって、2011年9月からイギリス・グリニッジ大学大学院へ。Public Relationsの修士コースで学び、2012年のロンドン五輪で柔道・レスリング担当の公式リポーター。
 柔道3段。TOEIC 945。TOEFL 89(IBT)。
 取材渡航歴:カナダ・バンクーバー(冬季五輪)、インド・ムンバイ(テロ事件)、アフガニスタン(テロ事件)、サイパン(刑事事件)
 得意分野:環境(COP10, Biodiversity)、教育(大学)、交通(ローカル線)
Email: shoy003あっとyahoo.co.jp
Twitter:あっとawesomesho

「当ブログの掲載内容は、私個人の見解によるもので、必ずしも所属する組織・団体の立場や見解を反映するものではありません」

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

Vistors

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック