08
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

Critical Thinking に挑戦中




 「子供タレントの芦田愛菜は、次のカテゴリーのうちどれに当てはまるだろうか」。有名人を使ったPRの授業で、僕が引っ張ってきた事例について異様に議論が盛り上がりました。
 有名人がどうやって有名になったのかについて、Rojek という学者は、「もとから有名だった人と血縁関係にある」「ビジネスやスポーツで成功を収めた」「メディアによって有名人に仕立て上げられた」に分類しました。さて、どれが正解でしょうか。

20120118ashida2.jpg
ジョビィキッズのホームページより引用)

 僕の意見は「メディアによって有名人に仕立て上げられた」でしたが、別の学生は「彼女は歌や踊りがうまいから、成功を収めた部類になる」と言います。これに対し、さらに別の学生は「まだ7歳だから、『成功を収めた』と言うのは早すぎる。たぶん、どれにも当てはまらない」と反論し、「『子供タレント』という分類を新たに作るべきだ」と付け加えました。ヨーロッパの学生の発想の豊かさには、感心します。
 この議論はCritical Thinking のよい事例だな、と部屋に帰ってから思いました。Critical Thinking は文字通り訳すと、「批判的に思考する」という意味になりますが、Wikitionary(英語版)によると、「The application of logical principles, rigorous standards of evidence, and careful reasoning to the analysis and discussion of claims, beliefs, and issues」とあります。僕のおおざっぱな解釈では、ある物事をいろんな角度から筋道をたてて論じる、やわらか頭、といったところでしょう。
 実は、このCritical Thinking についてイギリスに来てから苦戦しています。前の学期の課題だった英語版のブログについて、教授の評価は「批評しているというよりも、事例をまとめている感じだ。自分の意見を盛り込んで、この事例が何を意味するのか、どの理論に当てはまるか、あるいはどれにも当てはまらないかを考える必要がある」でした。
 前の仕事ではいろんな事件や出来事を批判的にとらえようとしてきましたが、まだまだ十分ではなかったようです。起こったことを、右から左に流すだけでは、PRの仕事もジャーナリストの仕事も成り立ちません。どうやったら、Critical Thinking ができるのだろうか―しばらくは自問自答の毎日が続きそうですが、こうやっているうちに道が見えてくると思います。



<キーワード> イギリス 留学 PR 海外 グリニッジ大学 大学院 社会人留学 ジャーナリズム Public Relations 広報 メディア British Council 新聞 記者 修士 master ロンドン オリンピック 五輪 学生

No title

こんばんは
shoさん、いつも楽しく読ませてもらっています!

食生活について聞きたいのですが、
イギリスの食生活は、どんなかんじですか?!

自炊とかだと、何をたべているのでしょうか?!
日本の調味料とか食材とか、手に入るのでしょうか?!

Re: No title

ご質問、ありがとうございます。これから、食生活の記事をアップするので、ご覧ください。

> こんばんは
> shoさん、いつも楽しく読ませてもらっています!
>
> 食生活について聞きたいのですが、
> イギリスの食生活は、どんなかんじですか?!
>
> 自炊とかだと、何をたべているのでしょうか?!
> 日本の調味料とか食材とか、手に入るのでしょうか?!
Secre

プロフィール

Sho100

Author:Sho100
For English version, please go to
http://
awesomesho1.blog.fc2.com/

 新聞記者を12年やって、2011年9月からイギリス・グリニッジ大学大学院へ。Public Relationsの修士コースで学び、2012年のロンドン五輪で柔道・レスリング担当の公式リポーター。
 柔道3段。TOEIC 945。TOEFL 89(IBT)。
 取材渡航歴:カナダ・バンクーバー(冬季五輪)、インド・ムンバイ(テロ事件)、アフガニスタン(テロ事件)、サイパン(刑事事件)
 得意分野:環境(COP10, Biodiversity)、教育(大学)、交通(ローカル線)
Email: shoy003あっとyahoo.co.jp
Twitter:あっとawesomesho

「当ブログの掲載内容は、私個人の見解によるもので、必ずしも所属する組織・団体の立場や見解を反映するものではありません」

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

Vistors

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック