08
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

自由契約




 シーズンオフに入った日本のプロ野球。選手の身の振り方と自分の境遇には、重なるところが多いです。
 巨人を経て横浜で中継ぎとして活躍した真田投手(27)は、「30歳になる前に勝負したい」とアメリカの大リーグ挑戦を表明。日本ハムから巨人に移籍したものの、出場機会に恵まれなかった高橋選手(33)は自ら自由契約(この文脈では退職届の意味)を申し入れ、「僕はFA宣言をできるほどの選手ではない。お金じゃ買えないものを選んだ」と決意を述べました。
 12年間やってきた仕事をやめるのは大きな決断でしたが、2人のように新しい場所で力を試してみたいという気持ちが強かったです。同じように考えている人を見つけると、ほっとします。

20111123middle_1305082768.jpg
(高橋信二選手)

(日刊スポーツ)
真田夢追う!巨人→横浜→メジャー入札へ
 横浜の真田裕貴投手(27)が22日、ポスティング(入札制度)を利用してのメジャー挑戦を表明した。球団も本人の意思を尊重し承認。DeNAへの球団譲渡の結論が出る見込みの12月1日から事務手続きに入る予定だ。
 真田は今季、中継ぎで53試合に登板。防御率4・22ながら2勝を挙げるなどフル回転したが、「野球人として勝負をかけたい、それだけです。FAも考えましたけど、年齢的なことを考えたら30歳を超えてしまう。今がそのタイミングなのかなと」。あこがれていた米国で挑戦したいという思いを抑えることは出来なかった。
 佐藤球団常務は「DeNAとも話し、戦力として期待していた1人だけど、彼の切なる申し入れだったので」と明かした。
 オフは巨人時代の先輩のエンゼルス高橋尚成と自主トレを行う予定。代理人は同選手と同じアーン・テレム氏となる。「交渉は代理人の方にお任せしています。今は信じて待つしかないです」。横浜のブルペンを支えた男が大きな夢に向かって1歩を踏み出した。

(スポーツ報知)
高橋信は移籍希望、自ら自由契約申し入れ
 巨人・高橋信二内野手(33)が21日、他球団へ移籍するために自由契約となることを申し入れ、認められた。東京・大手町の球団事務所を訪れた高橋信は「(オファーが)なければ、やめるくらいの覚悟。悔いはありません」と会見で強い決意を表した。
 高橋信は5月に日本ハムから移籍。27試合で打率1割8分2厘、0本塁打、3打点に終わった。年俸は7000万円で、これまで野球協約の定める減額制限(1億円以下は25%)を超える来季年俸を提示されたが「僕はFA宣言をできるほどの選手ではない。お金じゃ買えないものを選んだ」と出場機会を求め、態度を保留していた。
 原沢球団代表は慰留に努めたが「本人の意思も固いので、尊重せざるを得ない」と要望を認めた。
Secre

プロフィール

Sho100

Author:Sho100
For English version, please go to
http://
awesomesho1.blog.fc2.com/

 新聞記者を12年やって、2011年9月からイギリス・グリニッジ大学大学院へ。Public Relationsの修士コースで学び、2012年のロンドン五輪で柔道・レスリング担当の公式リポーター。
 柔道3段。TOEIC 945。TOEFL 89(IBT)。
 取材渡航歴:カナダ・バンクーバー(冬季五輪)、インド・ムンバイ(テロ事件)、アフガニスタン(テロ事件)、サイパン(刑事事件)
 得意分野:環境(COP10, Biodiversity)、教育(大学)、交通(ローカル線)
Email: shoy003あっとyahoo.co.jp
Twitter:あっとawesomesho

「当ブログの掲載内容は、私個人の見解によるもので、必ずしも所属する組織・団体の立場や見解を反映するものではありません」

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

Vistors

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック