08
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

人によって言っていることが・・・




 人によって言っていることが違うよ、と思う場面がこのごろ多くなってきました。
 まずは銀行。アメリカン・エキスプレスのトラベラーチェックが手数料なしで換金できるはずですが、大学近くのLloyds TSB銀行の小さな支店に行くと、「次から郵便局に行ってください。きょうは特別に換金しますけど」とそっけない対応でした。郵便局では余計な手数料をとられてしまいます。納得いかないので、ノッティンヒル(ロンドン中心部)の支店に行くと、「お客様、ありがとうございます」と言ってすぐに換金してくれました。

20111107tsb.jpg

 Lloyds銀行はやはりお勧めできません。銀行口座を開設するために窓口の女性に声をかけたところ、マネジャーが来るまで20分間待ってください、と言います。仕方ないので40分待ちましたが、窓口の女性は「彼女が来ますから」と行ったきり、仕切り板の向こうにとどまったままです。Okay, you don't want me, so I don't want you, either.と思って店を出て、Natwest銀行に行きました。Natwestではすぐに書類が出てきて、10分ほどで手続きがすみました。
 イギリスでは、労働者の権利が強いせいか、店によっては異常に店員の対応が悪いです。いろんなサイトを見ても、顧客サービスを批判する書き込みが多いです。
 バーもちょっと変でした。先週、グリニッジ駅近くのバーに行きました。最初は、年齢確認のためにパスポートを見せただけで入れましたが、いったん店を出て30分後にまた戻ってくると、「ランニングシューズのお客さんがだめです。言ったでしょ」と言ってがんとして、店に入れてくれません。差別なのかなと思って、ほかの客への対応を見ていましたが、同じでした。なぜ、さっきは入れたのに・・・。
 こんなことで、いちいち怒っていてはかえって時間の無駄です。少々待たされてもいいように、だいたい新聞を持ち歩いています。あまりに顧客の対応が悪ければ、すぐにほかの店に行くか、別の選択をする。ロンドンでの精神状態の保ち方を学んだ気がします。
 
Secre

プロフィール

Sho100

Author:Sho100
For English version, please go to
http://
awesomesho1.blog.fc2.com/

 新聞記者を12年やって、2011年9月からイギリス・グリニッジ大学大学院へ。Public Relationsの修士コースで学び、2012年のロンドン五輪で柔道・レスリング担当の公式リポーター。
 柔道3段。TOEIC 945。TOEFL 89(IBT)。
 取材渡航歴:カナダ・バンクーバー(冬季五輪)、インド・ムンバイ(テロ事件)、アフガニスタン(テロ事件)、サイパン(刑事事件)
 得意分野:環境(COP10, Biodiversity)、教育(大学)、交通(ローカル線)
Email: shoy003あっとyahoo.co.jp
Twitter:あっとawesomesho

「当ブログの掲載内容は、私個人の見解によるもので、必ずしも所属する組織・団体の立場や見解を反映するものではありません」

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

Vistors

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック