08
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

イギリスの留学ビザ制度 大幅変更の危機

 イギリスの大学院では1年間のコースを終えた後でも4か月は学生ビザで滞在を続け、ちょっとしたバイトもできますが、この特典が廃止されてしまうかもしれません。内務大臣のテレサ・メイ氏が「この制度を悪用して違法に滞在している学生がいて、移民の数はふくらんでいる」と批判。コースの終了とともに留学生をすぐに帰国させるべきだとの考えを表明し、今年の総選挙で保守党の公約にするよう求めているからです。

20150106greenwich.jpg
(冬のグリニッジ大学のキャンパス)

 ちょっと難しい話なので整理すると、僕の場合、ビザは2011年9月から2013年1月末まででした。修士コースは2012年9月末で終了しましたが、万が一、論文などを再提出しなければいけない事態に備えて余裕を持たせているという話を同級生から聞いたことがあります。制度上、2013年1月末までなら週20時間までの就労はでき、この間にイギリスで仕事を探すこともできました。

 もし、メイ氏の言う制度改正が行われた場合、修士論文を提出した後の9月末に即、帰国しなければなりません。もし、ほかの大学院へ進んだり、博士課程に進みたいと思うなら、いったん帰国したうえで再度ビザを取り直す必要が出てきます。何らかの足掛かりをつかみたいと思ってビザの残り期間で就活しようと思っている人はもうできなくなります。BBCによると、内務省関係者は「賢い学生なら制度が変わったとしても、ちゃんと戻ってこれる」と言っているそうです。

 これに対し、掃除機で有名なダイソンの創業者、ジェイムズ・ダイソン氏は、ガーディアン紙への寄稿で、「短期的な票集めのための施策で、長期的には経済にダメージを与える」とし、現状は留学生でまかなっている優秀な科学者や技術者の不足につながると懸念を表明しました。

 ダイソン氏の反論に対し、メイ氏は統計を持ち出しました。
<毎年12万1000人の留学生がヨーロッパ外から来ているが、5万1000人しか帰国していない。このままだと、2020年までにヨーロッパ外の留学生は60万人になってしまう>(ガーディアン紙
 といいます。

 留学を応援する立場からすると、制度改正には大反対です。ただでさえ、授業料が値上げになり、円安が進んでいるのにさらに不利な条件が重なると、イギリスに留学する人は確実に減ります。総選挙は5月7日に実施される予定(日テレニュース24)で、世論調査ではわずかに労働党が保守党を上回っているそうです。

 ビザ制度の面からも、今年の選挙の結果には目が離せません。



#ご質問などありましたら、お気軽に Sho100のメール shoy003(あっとマーク)yahoo.co.jp へ



<キーワード> イギリス 留学 PR 海外 グリニッジ大学 大学院 社会人留学 ジャーナリズム Public Relations 広報 メディア British Council 新聞 記者 修士 master ロンドン オリンピック 五輪 学生
Secre

プロフィール

Sho100

Author:Sho100
For English version, please go to
http://
awesomesho1.blog.fc2.com/

 新聞記者を12年やって、2011年9月からイギリス・グリニッジ大学大学院へ。Public Relationsの修士コースで学び、2012年のロンドン五輪で柔道・レスリング担当の公式リポーター。
 柔道3段。TOEIC 945。TOEFL 89(IBT)。
 取材渡航歴:カナダ・バンクーバー(冬季五輪)、インド・ムンバイ(テロ事件)、アフガニスタン(テロ事件)、サイパン(刑事事件)
 得意分野:環境(COP10, Biodiversity)、教育(大学)、交通(ローカル線)
Email: shoy003あっとyahoo.co.jp
Twitter:あっとawesomesho

「当ブログの掲載内容は、私個人の見解によるもので、必ずしも所属する組織・団体の立場や見解を反映するものではありません」

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

Vistors

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック