06
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業式は家族やパートナーとお祝い

 グリニッジ大学大学院の卒業式は、結婚式や成人式などに並ぶ人生で最大のイベントのようなにぎわいでした。同級生14人のうち僕を含めて半数の7人が出席しましたが、僕以外はみんな、家族やパートナーを連れておしゃべりしながらゆっくりと時間を過ごしました。

20130804blog1.jpg
(教会には、卒業生がびっしり)

 グリニッジ大学では7月末に集中して各学部の卒業式を行っており、この時期は卒業ウイークでした。PR修士コースの卒業式があった7月25日にも、午前10時半から午後6時半まで5回に分けて式が実施されました。家族や親せきたちも、式の会場となった教会に入ることができますが、事前にチケットを購入する必要がありました。あっという間に売り切れてしまったようで、卒業式がいかに家族にとっても大切なイベントかわかります。

20130804blog1-3.jpg
(キャンパスには家族の姿も)

 最年長のイギリス人の同級生は、長女と孫娘、義理の息子が、式の後のバーベキューに参加。ドイツ人は2人の姉と1人の兄、もう一人のドイツ人は母親と弟、コロンビア人はロンドンに住む彼氏といった感じで、誰かを連れてきていました。やはりアジアは遠いせいか、式全体を見渡してもアジア系の家族の姿はまばらでした。

 PRコースの教授陣が勢ぞろいしたのもよかったです。コースリーダーで、修士論文の面倒を見てくれたMark Phillimore さんは、この秋から博士号の取得に挑戦します。グリニッジで教える回数を減らし、リーダーのお仕事はほかの教授に譲るそうです。僕たちの勉強ぶりに刺激を受けたのかどうかわかりませんが、50歳代からの挑戦に大いに拍手を送りたいです。

20130804blog1-2.jpg
(日本まで郵送されてきた入場券は立派に見えます)

 9月から始まるグリニッジ大学大学院PR修士コースの第4期生は、15人前後になる予定です。これまでと同様に国籍は様々です。将来的には、ヨーロッパの別の国の大学と共同でプログラムを実施する「ダブル・ディグリー」(Double Degree)も検討しているとのこと。Stirling 大学がスウェーデンのルンド大学とやっているようなプログラムで、両大学で1年ずつ学んで2つの学位がもらえます。歴史の基礎を作った第2期生としては、グリニッジが今後も成長してほしいと思っています。


#ご質問などありましたら、お気軽に Sho100のメール shoy003(あっとマーク)yahoo.co.jp へ



<キーワード> イギリス 留学 PR 海外 グリニッジ大学 大学院 社会人留学 ジャーナリズム Public Relations 広報 メディア British Council 新聞 記者 修士 master ロンドン オリンピック 五輪 学生
Secre

プロフィール

Sho100

Author:Sho100
For English version, please go to
http://
awesomesho1.blog.fc2.com/

 新聞記者を12年やって、2011年9月からイギリス・グリニッジ大学大学院へ。Public Relationsの修士コースで学び、2012年のロンドン五輪で柔道・レスリング担当の公式リポーター。
 柔道3段。TOEIC 945。TOEFL 89(IBT)。
 取材渡航歴:カナダ・バンクーバー(冬季五輪)、インド・ムンバイ(テロ事件)、アフガニスタン(テロ事件)、サイパン(刑事事件)
 得意分野:環境(COP10, Biodiversity)、教育(大学)、交通(ローカル線)
Email: shoy003あっとyahoo.co.jp
Twitter:あっとawesomesho

「当ブログの掲載内容は、私個人の見解によるもので、必ずしも所属する組織・団体の立場や見解を反映するものではありません」

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

Vistors

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。