06
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会人留学通じ、13年ぶり再会 新聞記者の挑戦

 カーディフ大学大学院のMBA Media Management コースに今年秋から進学する新聞記者の男性、Aさんに、東京都内でお会いしました。実は、僕が記者駆け出しのころに同じ記者クラブで一緒に仕事をしたことがあり、13年ぶりの再会となりました。記者の仕事を中断してイギリスに留学する、という共通点の多さにお互い驚きました。

20130626cardiff.png
(カーディフ大学の入学案内

 「Sho さんのことを知っているという方が同じ寮にいるんですが―」。カーディフ大学の大学院準備コースに在籍していた Yoshi さんが連絡をくれたのは、昨年秋ごろでした。すぐにAさんと連絡を取りましたが、なかなか予定が合わず、ようやく都内に寄られたところで1時間ほどお話しました。

 現役の記者を中断して留学に踏み切る人はまだまだ少数派です。一般的に会社のほうも、いったん社員を留学に出してしまえば、そのまま会社を辞めてしまうというのではないか、という心理が働き、なかなか留学を許可してくれないような雰囲気があります。こんな厳しい状況のなか、Aさんは、メディアとビジネスの融合をテーマに勉強されるそうです。

 英語能力検定試験IELTS の点数は最初、「5・5」で、入学条件の「7・0」に遠く及ばなかったと聞き、驚きました。今年までになんとか、「6・5」まで引き上げました。入学条件にはわずかに満たなかったのですが、10数年の新聞記者としての経験と、カーディフ大学の準備コースでの取り組みが評価され、入学が認められたようです。社会人で留学に挑戦する場合、僕のときもそうでしたが、下駄をはかせてくれる傾向があるので、ダメ元でもやってみる価値ありです。

 Aさんは来季の準備のため、イギリスに戻られました。今後とも、いろんなかたちでコラボしていけたらと思っています。


#ご質問などありましたら、お気軽に Sho100のメール shoy003(あっとマーク)yahoo.co.jp へ



<キーワード> イギリス 留学 PR 海外 グリニッジ大学 大学院 社会人留学 ジャーナリズム Public Relations 広報 メディア British Council 新聞 記者 修士 master ロンドン オリンピック 五輪 学生




Secre

プロフィール

Sho100

Author:Sho100
For English version, please go to
http://
awesomesho1.blog.fc2.com/

 新聞記者を12年やって、2011年9月からイギリス・グリニッジ大学大学院へ。Public Relationsの修士コースで学び、2012年のロンドン五輪で柔道・レスリング担当の公式リポーター。
 柔道3段。TOEIC 945。TOEFL 89(IBT)。
 取材渡航歴:カナダ・バンクーバー(冬季五輪)、インド・ムンバイ(テロ事件)、アフガニスタン(テロ事件)、サイパン(刑事事件)
 得意分野:環境(COP10, Biodiversity)、教育(大学)、交通(ローカル線)
Email: shoy003あっとyahoo.co.jp
Twitter:あっとawesomesho

「当ブログの掲載内容は、私個人の見解によるもので、必ずしも所属する組織・団体の立場や見解を反映するものではありません」

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

Vistors

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。