08
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

コース内容 直接、大学に質問を

 イギリスの新学年のスタートまで5か月を切りましたが、複数の大学から合格をもらって悩んでいる人も多いことでしょう。「修士論文はどれぐらいのレベルを求められるのか」「自分のやりたい研究はできるのか」「自分の英語力でついていけるのか」--。具体的な質問が次々に思い浮かぶなら、やはり直接、担当の教授に尋ねるのが一番です。ブログを通じて知り合った方々の体験談を共有したいと思います。

 この春に日本の大学を卒業したSueさんは、University College London (UCL)とKing's College London(KCL)から合格をもらいました。ともに国際開発のコースですが、微妙に授業や課外活動の内容が違うようです。ホームページをくまなく見ても、ほしい情報がありません。第一志望にしているUCLは、世界ランキングで東大などをしのいで4位に入るほどのレベル。「入学しても、ついていけるのか」という不安をぬぐいきれませんでした。

20130429choice.jpg

 これまでは留学エージェントを通じて大学とやり取りしてみましたが、思い切って担当教授に直接、電子メールを送りました。
 <日本で2年前に起きた地震のことを修士論文に含めたいのですが、自分でリサーチの場所やテーマを決めることはできるのでしょうか>
 <参考文献のリストと過去の修士論文を送っていただけないでしょうか>
 <大学院レベルの英語についていけるのか不安です。読み書きについて、留学生はどのようなサポートを受けられるのでしょうか>

 1週間後には早くも返信が来ました。
 <修士論文は、それぞれの学生の出身国について触れるように推奨しています。具体的に的を絞れば、この震災のことを書いてもOKです。所属の学部では、Writing 専用のtutorをつけることもできます>
 とのことで、前の学年で使った文献リストも送られてきました。Sueさんの疑問は一気に解消し、UCLに進学することを決めました。

 日本人は直接、教授に質問をぶつけることをためらいがちですが、イギリスではごく普通のことです。大学側も、優秀な学生がほしいのできちんと回答してくれるところが多いです。University of Stirling にこの秋から進学するnahoさんは昨年、6つの大学に同じ質問をぶつけて大学選びの材料にしました。「親切に対応してくれたところに心が傾くもの」というnahoさんの感想通り、大学はランキングだけで判断できません。

 納得のいく大学選びには、こうした生の情報は非常に大切です。皆さん、新聞記者になったつもりで志望大学にじゃんじゃん取材してみましょう!



#ご質問などありましたら、お気軽に Sho100のメール shoy003(あっとマーク)yahoo.co.jp へ



<キーワード> イギリス 留学 PR 海外 グリニッジ大学 大学院 社会人留学 ジャーナリズム Public Relations 広報 メディア British Council 新聞 記者 修士 master ロンドン オリンピック 五輪 学生


No title

運営者 様

初めまして、山田と申します。
様々な分野でのメディア運営や大手企業様のWebプロモーションなどのサービスを提供している会社で勤務しております。
このたび、貴媒体から有料で広告リンク掲載して頂けないかご相談をさせて頂きたくご連絡差し上げました。(相互リンクが難しいため)

弊社は現在、クライアント様のウェブプロモーションをしております。
現時点ではクライアント名を述べることはできませんが、世間一般に名の通った大手企業様です。

そこで、有料契約にて貴媒体からの広告リンク掲載をお願いしたくご連絡差し上げました。
貴媒体は有用な情報を掲載されており、是非広告リンク掲載をお願いしたいと考えております。
クライアントも、貴媒体からの広告掲載・タイアップを熱望しております。

是非、掲載位置や料金等のご相談をさせて頂ければと考えておりますが、ご意向をお知らせ頂ければ幸いに存じます。
誠にお手数ではございますが、ご返信は貴サイト名及びURLをご記入の上、下記連絡先にご連絡頂きますようお願い致します。
E-mail: ik-web@outlook.com  山田
(メールアドレス自動収集ロボットなどの対策のため、上記メールアドレスには全角の「@」を記載しております。
 お手数ですが、お返信の際は半角の「@」に変更してください。)

何卒宜しくお願い致します。
Secre

プロフィール

Sho100

Author:Sho100
For English version, please go to
http://
awesomesho1.blog.fc2.com/

 新聞記者を12年やって、2011年9月からイギリス・グリニッジ大学大学院へ。Public Relationsの修士コースで学び、2012年のロンドン五輪で柔道・レスリング担当の公式リポーター。
 柔道3段。TOEIC 945。TOEFL 89(IBT)。
 取材渡航歴:カナダ・バンクーバー(冬季五輪)、インド・ムンバイ(テロ事件)、アフガニスタン(テロ事件)、サイパン(刑事事件)
 得意分野:環境(COP10, Biodiversity)、教育(大学)、交通(ローカル線)
Email: shoy003あっとyahoo.co.jp
Twitter:あっとawesomesho

「当ブログの掲載内容は、私個人の見解によるもので、必ずしも所属する組織・団体の立場や見解を反映するものではありません」

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

Vistors

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック