06
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボランティア

DSC01296.jpg
 岩手県山田町でのボランティアは、4日目が終わりました。救援物資の仕分け、がれきの撤去、仮設住宅への救援物資の配布など、いろんな任務を体験。途中で、地元の人からコーヒーの差し入れをもらったり、住宅跡から子供さんの写真を見つけたりしました。柔道部を去ってから13年ぶりの合宿生活も刺激になりました。

<1日目>8月18日
 バスがボランティアセンターに到着したのは、午前10時頃。お盆の帰省ラッシュに巻き込まれて予定よりも3時間遅れだった。しかも雨が降っていたので、午前中の作業は中止に。午後は、救援物資の置き場で、古着とそれ以外のものを仕分ける作業でした。

<2日目>
 午前中は、救援物資の置き場で、静岡県の市町村から派遣された「静岡県チーム」と一緒に救援物資の搬入作業でした。しかし、この仕事があまりに軽すぎたので、同じ場所で地元の人がやっていた救援物資のパック作りを手伝いました。この日は作業班長で、15~20人の労働力を効率的に振り分けることに気をつけました。
 午後は一転して、海沿いの漁師さんの建物があった場所で、鉄くずやかわら、大きなごみを取り除く作業です。200坪もの広大な土地をあてがわれましたが、作業できたのはわずかに5メートル×20メートルのエリアでした。作業の難しさを感じました。少しずつ、少しずつ進んでいこうと思いました。午後2時40分頃、緊急地震速報を知らせる携帯メールが着信し、みんなで高台に避難しました。まさか、速報が流れるとは・・・。
 山田町に来てから、ニーズ伝票に書いてある仕事と違う仕事が振ってきたり、津波注意報が出たりと想像もしていないようなことが起きています。津波注意報は出ていても不思議ではないのですが、どこかに油断がありました。

<3日目>
 1日中、一般住宅が建っていた土地のがれきを撤去する作業です。玄関先の土を掘っていたら、青いフォルクスワーゲンのミニカーに続き、アニメキャラクターのトレーディングカード入れが出てきました。さらにめくると、最後の方に「合格」のはちまきを巻いた女の子の写真や、運動会をしているような男の子の写真がはさまっていました。しかし、この家の人のものではありませんでした。どこから流されて来たのでしょうか。この子たちは無事だったのでしょうか。カード入れはボランティアセンターに届けました。

<4日目>
 静岡県チームと一緒に、仮設住宅に救援物資を届けました。ある仮設住宅に止まった時、「コーヒーを飲みに来てください」という夫婦に出会い、お言葉に甘えてみんなでコーヒーをいただきました。この夫婦、コーヒーの手前は確かですが、本職は喫茶店ではないということです。仮設住宅横の集会所にコーヒーのコーナーを設け、ぽろぽろと住民の人たちがコーヒーを求めてやって来ました。大きな被害に遭った土地でも、人の温かさは絶えないのだと思いました。

 午前6時起床、6時半にラジオ体操。9時から作業を始め、午後3時半に終了。午後6時に夕食、午後10時消灯という規則正しい生活は、大いに体質改善に役立ちました。

Secre

プロフィール

Sho100

Author:Sho100
For English version, please go to
http://
awesomesho1.blog.fc2.com/

 新聞記者を12年やって、2011年9月からイギリス・グリニッジ大学大学院へ。Public Relationsの修士コースで学び、2012年のロンドン五輪で柔道・レスリング担当の公式リポーター。
 柔道3段。TOEIC 945。TOEFL 89(IBT)。
 取材渡航歴:カナダ・バンクーバー(冬季五輪)、インド・ムンバイ(テロ事件)、アフガニスタン(テロ事件)、サイパン(刑事事件)
 得意分野:環境(COP10, Biodiversity)、教育(大学)、交通(ローカル線)
Email: shoy003あっとyahoo.co.jp
Twitter:あっとawesomesho

「当ブログの掲載内容は、私個人の見解によるもので、必ずしも所属する組織・団体の立場や見解を反映するものではありません」

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

Vistors

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。