08
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

自己推薦書はどう書く? 大学院への出願始まる

 来年度の修士コースの願書受け付けが、各大学で始まっています。最も苦労するのが、自己推薦書(Personal Statement)づくり。留学の準備を進めているブログの読者の方からも、「何をどう書けばいいのかわからない」「意外に時間がかかる」といった声を聞きます。
 まずは、押さえておくべきポイントから。その1―「自分の体験談、エピソードを入れる」 その2-「大学のプログラムの内容と自己推薦書の内容を密接に関連づける」 その3-「熱意を見せる」
 上記の観点から、自分の自己推薦書を振り返ってみました。

For the past 12 years I have been working as a Staff Writer for one of the major Japanese publishing companies. Due to the nature of my job, I had to interact closely with other cultures at all levels, and had an opportunity to compare the different ways in which press officers promote their countries.
The World Exhibition in Aichi (Aichi EXPO Japan) in 2005 gave me an inspiring insight into the world of advertising and PR. I witnessed a limited number of pavilions being extremely popular and getting a lot of publicity from various newspapers and TV stations. On the other hand, many others had difficulties in promoting themselves, because they failed to grasp the requirements of Japanese visitors and media. Sometimes it took months for visitors to discover what unique and amazing attractions some places had to offer.

(2005年の愛知万博で初めてPRの仕事に触れた体験談を入れました)

20121031hood111.jpg

My job was to discover those “hidden treasures” and bring them to light. I took satisfaction in attending personal meetings with press officers to discuss what emerging news are worth reporting from their pavilions.
It was then when I first started thinking about heading more into the direction of public relations. To promote my company and attract new readers, I suggested that my company should host futsal tournament and invite players from different national pavilions. <中略>

(さらに万博の話を続け、徐々にPR活動を実践した経験を盛り込みました。記者の仕事とPRの関連が深いということも強調し、志望動機にしました)

In February 2010, I traveled to Vancouver and reported daily news on the Olympic Games in Canada. I was impressed by the efficiency of the Canadian National Team in promoting themselves and their country. Using the rallying call “Own the podium” they invited all the journalists (including non-accredited foreign media) to the press conference of their top athletes. Therefore, the media were unanimous in their praise of the Canadian team.

(2つめのエピソード、バンクーバー冬季五輪のカナダチームのPR手法についての分析を入れました)

I wish to study in the UK, because the structure of your post graduate degrees and the high academic standard would help me to fulfill my ambitions for the future. Having spent some 5 years reporting life from such areas as Afghanistan, Singapore, UK and Canada I became deeply interested in international PR and would like to broaden my skills.
I feel I could only benefit from the Public Relations Course at the Greenwich University and would greatly appreciate your consideration in this matter.

(締めの段落。十分に熱意は伝わっているのですが、なぜグリニッジ大学なのか明確に書かれていません。グリニッジのコースガイドを引用するか、あるコースを取り出して「これに興味ある」とか言っておけば、さらに強い推薦書になったと思います。「自分の知っている人がここに行っていた」というのでも、いいでしょう)

 大学の授業の要約をつらつらと書いたり、社会で起きていることを客観的に論評するのはできるだけ避けた方がいいかもしれません。あくまで、自分がどんなことをやってきて、何を見て、何を考えていているのかをアピールする機会なので、自分だけのとっておきのお話を盛り込むのが効果的だと思います。そのためには、自分自身はもちろん、家族やら友人、大学の先生にも取材して、自分の強みを浮き彫りにしていくのが大切です。いろんな人と会話をしていると、「ポン」といい発想が浮かびます。それを素早くメモにとっておきます。

 実は上のPersonal Statementも、ロンドンに住む友達に何回も直してもらったり、足りないところを付け加えてもらったりしました。NabochaさんYoshiさん、ほか皆さん、ご健闘をお祈りしますね!



#ご質問などありましたら、お気軽に Sho100のメール shoy003(あっとマーク)yahoo.co.jp へ



<キーワード> イギリス 留学 PR 海外 グリニッジ大学 大学院 社会人留学 ジャーナリズム Public Relations 広報 メディア British Council 新聞 記者 修士 master ロンドン オリンピック 五輪 学生






Secre

プロフィール

Sho100

Author:Sho100
For English version, please go to
http://
awesomesho1.blog.fc2.com/

 新聞記者を12年やって、2011年9月からイギリス・グリニッジ大学大学院へ。Public Relationsの修士コースで学び、2012年のロンドン五輪で柔道・レスリング担当の公式リポーター。
 柔道3段。TOEIC 945。TOEFL 89(IBT)。
 取材渡航歴:カナダ・バンクーバー(冬季五輪)、インド・ムンバイ(テロ事件)、アフガニスタン(テロ事件)、サイパン(刑事事件)
 得意分野:環境(COP10, Biodiversity)、教育(大学)、交通(ローカル線)
Email: shoy003あっとyahoo.co.jp
Twitter:あっとawesomesho

「当ブログの掲載内容は、私個人の見解によるもので、必ずしも所属する組織・団体の立場や見解を反映するものではありません」

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

Vistors

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック