08
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

納め過ぎた所得税 全額還付へ

 ロンドン五輪の仕事で差し引かれた所得税が、全額返ってくる可能性が出てきました。5週間働いただけで、265ポンド(約3万円ちょっと)も払っていたので、高すぎると思って調べてみました。僕の場合、このままイギリスでほかの仕事をしなければ、低所得者のカテゴリーに入り、全額が免除されるようです。

20121019sunset111.jpg
(だんだん日が短くなってきました。午後7時にはもう真っ暗です)

 先日、雇用先から取り寄せた給与明細が、矛盾を見つけるきっかけになりました。最初の週は税金を引かれてなかったのに、次の週は50ポンド、さらに次の週は120ポンドに跳ね上がっていました。「毎週、税金の額が違うのだけど、イギリスってこんな制度なの?」と、会計に詳しいイギリス人の友達に聞いてみると、もちろん「NO」でした。この友達の分析では、雇用主が所得税を差し引くのを忘れたので、あとになって多めに税金を引いたのではないか、ということでした。
 「とりあえず、全員に税金をふっかけておいて後から払いすぎた税金を戻すのが、イギリス式なんだよ」と、友達は言います。そこで、イギリスの国税庁にあたる役所のホームページをあたりました。複雑な文章が並んでいますが、要するに、所得税が返ってきそうです。イギリスでは毎年4月に納税の年度が切り替わるので、お金が返ってくるのは来年春以降になるかもしれません。
 あー、一つ問題が解決したと思いきや、健康保険の掛け金も多めに引かれた形跡があります。いつになったら、問題から解放されるのやら・・・ でも、おかしいと感じたことは遠慮せずに聞いたり、調べたりすることが大切です。



#ご質問などありましたら、お気軽に Sho100のメール shoy003(あっとマーク)yahoo.co.jp へ



<キーワード> イギリス 留学 PR 海外 グリニッジ大学 大学院 社会人留学 ジャーナリズム Public Relations 広報 メディア British Council 新聞 記者 修士 master ロンドン オリンピック 五輪 学生
Secre

プロフィール

Sho100

Author:Sho100
For English version, please go to
http://
awesomesho1.blog.fc2.com/

 新聞記者を12年やって、2011年9月からイギリス・グリニッジ大学大学院へ。Public Relationsの修士コースで学び、2012年のロンドン五輪で柔道・レスリング担当の公式リポーター。
 柔道3段。TOEIC 945。TOEFL 89(IBT)。
 取材渡航歴:カナダ・バンクーバー(冬季五輪)、インド・ムンバイ(テロ事件)、アフガニスタン(テロ事件)、サイパン(刑事事件)
 得意分野:環境(COP10, Biodiversity)、教育(大学)、交通(ローカル線)
Email: shoy003あっとyahoo.co.jp
Twitter:あっとawesomesho

「当ブログの掲載内容は、私個人の見解によるもので、必ずしも所属する組織・団体の立場や見解を反映するものではありません」

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

Vistors

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック