10
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

オフ会に新メンバー3人

 東京・上野で9日夜に開いた第2回オフ会には、新しいメンバー3人を含む計6人が参加し、留学の準備のやり方などについて意見を交換しました。
 新しいメンバーは20歳代前半で、アパレルや国際開発などに関心があるとのことでした。このほか、今月中旬にイギリス西部のカーディフ大学で留学を始めるYoshiroさんも駆けつけ、アドバイスをくれました。
 議論の中で僕が気になったのは、留学前にどれだけ職業体験またはインターンの体験を積むべきかということ。イギリスの大学院は、学部に関係する専門分野で何年かの職業体験がないと入れないところがけっこうあります。逆にそんな制限がないところでも、英語力の足りなさをカバーするために、仕事をやったときの具体的なエピソードがあると教授からも一目置かれます。
 それぞれの人によって事情が違うので、なかなかベストな回答は出しにくいですが、講演会に参加して関係する人をつかまえたりして、国内にいる間にできるだけ準備を積むのがいいと思いました。
 今回はうっかり写真を撮るのを忘れてしまったので、写真はありません。イギリスに帰ってから、またたくさん写真を撮ってきます。




<キーワード> イギリス 留学 PR 海外 グリニッジ大学 大学院 社会人留学 ジャーナリズム Public Relations 広報 メディア British Council 新聞 記者 修士 master ロンドン オリンピック 五輪 学生

No title

昨晩は出国前夜のお忙しいところ、ありがとうございました。
若いうちに海外を経験した方が良いと考える一方、仰られるように数年の職業経験も積んでおいた方が良いという側面もあるので、なかなか一つの答えは出し難いですよね・・・

Re: No title

また、いろんな組み合わせのメンバーで議論すると、いろんな角度の提案が出るかもしれませんね 答えは1つではないので

> 昨晩は出国前夜のお忙しいところ、ありがとうございました。
> 若いうちに海外を経験した方が良いと考える一方、仰られるように数年の職業経験も積んでおいた方が良いという側面もあるので、なかなか一つの答えは出し難いですよね・・・
Secre

プロフィール

Sho100

Author:Sho100
For English version, please go to
http://
awesomesho1.blog.fc2.com/

 新聞記者を12年やって、2011年9月からイギリス・グリニッジ大学大学院へ。Public Relationsの修士コースで学び、2012年のロンドン五輪で柔道・レスリング担当の公式リポーター。
 柔道3段。TOEIC 945。TOEFL 89(IBT)。
 取材渡航歴:カナダ・バンクーバー(冬季五輪)、インド・ムンバイ(テロ事件)、アフガニスタン(テロ事件)、サイパン(刑事事件)
 得意分野:環境(COP10, Biodiversity)、教育(大学)、交通(ローカル線)
Email: shoy003あっとyahoo.co.jp
Twitter:あっとawesomesho

「当ブログの掲載内容は、私個人の見解によるもので、必ずしも所属する組織・団体の立場や見解を反映するものではありません」

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

Vistors

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック