08
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ロシア語通訳が大活躍 ロンドン五輪

 204の国と地域が参加したロンドン五輪では、通訳が大活躍しました。なかでも、ロシア語の通訳には大変助けられました。
 柔道の後に始まったレスリングでは、1つの階級に18~19人の選手が参加しますが、3分の1ぐらいがロシア語圏のときもありました。ロシア語の選手が同時に試合を終えると、3人の通訳は大忙しです。僕たちはあわてて、質問したいこと通訳を伝え、代わりにインタビューをしてもらいました。インタビューの後、取材した内容を英語で教えてもらい、記事にしていきました。

20120810ons-sho11.jpg
(すっかり記者の顔になっています)

 というわけで、通訳がいなければとても仕事は成り立ちませんでした。1日に6~8時間ぐらい働いていたようですが、みんなボランティアです。夏休みを利用してやって来た学生やフリーランスの通訳、さらにはスペインの保健体育の先生もいました。わずか2週間だけでしたが、苦労を分かち合ったので気の合う通訳とは仲良しになりました。翌日には、みんな元の場所に帰ってしまい、現実に引き戻された感じがあります。

20120812yonemitsu (1)qq
(米満選手が優勝し、日の丸が高々と掲げられました)

 さて、五輪最終日の12日は、男子レスリング66キロ級の米満達弘選手が金メダルを取りました。僕の最後の仕事は、米満選手の優勝インタビューの通訳。最高の締めくくりでした。テレビで僕の姿をちらっとご覧になった方もいるかもしれませんね。
 きょうからさっそく、大学の論文の作業に戻っています。少しずつ、スポーツモードから勉強モードに頭を切り替えていきます。



<キーワード> イギリス 留学 PR 海外 グリニッジ大学 大学院 社会人留学 ジャーナリズム Public Relations 広報 メディア British Council 新聞 記者 修士 master ロンドン オリンピック 五輪 学生
Secre

プロフィール

Sho100

Author:Sho100
For English version, please go to
http://
awesomesho1.blog.fc2.com/

 新聞記者を12年やって、2011年9月からイギリス・グリニッジ大学大学院へ。Public Relationsの修士コースで学び、2012年のロンドン五輪で柔道・レスリング担当の公式リポーター。
 柔道3段。TOEIC 945。TOEFL 89(IBT)。
 取材渡航歴:カナダ・バンクーバー(冬季五輪)、インド・ムンバイ(テロ事件)、アフガニスタン(テロ事件)、サイパン(刑事事件)
 得意分野:環境(COP10, Biodiversity)、教育(大学)、交通(ローカル線)
Email: shoy003あっとyahoo.co.jp
Twitter:あっとawesomesho

「当ブログの掲載内容は、私個人の見解によるもので、必ずしも所属する組織・団体の立場や見解を反映するものではありません」

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

Vistors

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック