08
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

修士への道

 最後にして最大の課題の修士論文に取り組んでいます。A4用紙に換算すると、70~80ページ(1万5000語)の大作になります。9月末の締め切りに間に合わせるため、これまでに研究者が書いてきた論文に目を通し、自分なりの考えをまとめているところです。
 論文のテーマは、東日本大震災における企業の社会貢献とコミュニケーションの方法。国を揺るがす大きな危機に直面し、企業がどのようにして社員や国民と向き合ったかを探ります。一般の人が企業に求めるものの範囲は大きくなってきて、今や企業はお金もうけだけしていればいい、というわけにはいきません。日本の企業がいち早く災害支援に立ち上がったのは、日本特有の現象だったのか。インタビューや新聞記事の報道を分析しながら、考えていきます。
 14人の学生には、それぞれのテーマに合った指導官があてがわれます。僕の論文の面倒を見てくれる指導官は、コース長のマーク・フィリモア教授になりました。昨年、直々に入学許可のメールをくれた人で、一年を通して僕たちの様子を見てくれています。一番事情をわかってくれるので、フィリモア教授になったことでほっとしています。
 企業の社会貢献についての本はたくさん出ていて、どれから手を付けていいのかわからなくなるほどです。まずは教授のアドバイスに基づき、基本的な本を読んでいます。さらに、本の巻末についている参考文献のリストから、おもしろそうな本や論文の記事を探し出します。本の中で気になった文章があると、すぐにパソコンに打ち込み、頭の中で思い浮かんだことも書き添えます。
 たとえば、「社会貢献は利益につながらないと意味がない」という意見と、「社会貢献にはよこしまな考えがあってはだめだ」という意見があったとすると、この二つを並べて、どの研究者が言ったのかもメモしていきます。その都度、パソコンに打ち込んでいると、大変な時間がかかりますが、後のことを考えるとこの方法がベストです。キーワード検索で、自分がメモしたことを検索できるし、もし論文で引用したい部分があれば、そのままコピー・ペーストすることができます。インターネットの記事を記録するときには、Zotero という無料ソフトを使っています。後になって、「あれって、どこに書いてあったかな」とあわてなくてすみます。
 PDFファイルや電子書籍で読める文献は、ありがたいです。ここでもキーワード検索の機能を使い、自分が読みたい部分だけ探すことができます。検索を使いすぎると、薄っぺらな知識しか身につかないおそれがありますが、時間がないときは背に腹を替えられません。

20120614bath (13)a


 とはいえ、文献を探れば探るほど、迷路に陥ります。読むべき資料がありすぎて、圧倒されます。それをいかに効率よく拾い集めては捨てていくか。留学を始めたころは、すぐに役に立たない文献もいつかは役に立つ、と悠長なスタンスでやっていましたが、今は手っ取り早くほしいパーツをたくさんの本から見つけ出していく、というスタンスに変わってきました。これも成長の証でしょうか。
 あすは教授との面談です。ぶつける質問をできるだけ具体的にして、より明確な指示を受けられるように準備していきたいと思います。



<キーワード> イギリス 留学 PR 海外 グリニッジ大学 大学院 社会人留学 ジャーナリズム Public Relations 広報 メディア British Council 新聞 記者 修士 master ロンドン オリンピック 五輪 学生

 
Secre

プロフィール

Sho100

Author:Sho100
For English version, please go to
http://
awesomesho1.blog.fc2.com/

 新聞記者を12年やって、2011年9月からイギリス・グリニッジ大学大学院へ。Public Relationsの修士コースで学び、2012年のロンドン五輪で柔道・レスリング担当の公式リポーター。
 柔道3段。TOEIC 945。TOEFL 89(IBT)。
 取材渡航歴:カナダ・バンクーバー(冬季五輪)、インド・ムンバイ(テロ事件)、アフガニスタン(テロ事件)、サイパン(刑事事件)
 得意分野:環境(COP10, Biodiversity)、教育(大学)、交通(ローカル線)
Email: shoy003あっとyahoo.co.jp
Twitter:あっとawesomesho

「当ブログの掲載内容は、私個人の見解によるもので、必ずしも所属する組織・団体の立場や見解を反映するものではありません」

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

Vistors

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック