04
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英国留学ガイドブックに執筆

 ブリティッシュ・カウンシルが発行する「英国留学ガイドブック」に、体験談を執筆しました。例年のペースから推測すると、最新版は来月末から6月には出版されると思いますが、体験談に沿って、あらためて留学生活を振り返ってみます。昨年発行のガイドブックは、こちらから。

20140429uked.png
(英国留学ガイドブックの表紙)

<留学を決断した理由とイギリスを留学先に選んだ理由>

英語を使って新しい仕事を始めるためのスキルを身につけたかったので、留学を決断しました。イギリスにいる友人がグリニッジ大学のリンクを送ってくれたのがきっかけで、1年間で修士号が取得できるのも魅力的だったのでイギリスを選びました。

留学を決断したのは36歳の時でした。前に勤めていた新聞社を辞めるのは勇気がいるし、お世話になった職場でもあったので大変つらいことでした。でも、留学しないと出会えない人たちとの出会いや新たなチャンスを求めることにしました。留学後に仕事に復帰することを考えると、短期間で経済的に学位を取得する必要がありました。

<情報収集や留学の準備はどのように進めたか>

イギリスにいる友人やインターネットを使って情報収集しました。実際に留学を始める5~6年前から、おぼろげながら留学したいという気持ちがあったので、外国人が集まるバーに行って英語で話したり、衛星放送の海外ニュースを英語で聞いたり、大リーグ中継を現地の実況中継で聞いたりしていました。

会社で海外出張の案件が出てくると、「英語ができます」とアピールしてたくさん行かせてもらいました。留学資金は毎日の積み重ねでした。12年間、会社に勤め、経験値と資金力を徐々に蓄えていきました。

ただ、願書を提出したのは、コースが始まる3か月ちょっと前の2011年6月でした。少し前にTOEFLを受けていたので、そのスコアを提出し、3週間後にコースリーダーの教授から合格をいただきました。

 ガイドブックへの執筆によって、イギリスでの1年ちょっとの体験をまとめる機会をいただきましたので、計5回にわたって留学生活を振り返ります。



#ご質問などありましたら、お気軽に Sho100のメール shoy003(あっとマーク)yahoo.co.jp へ



<キーワード> イギリス 留学 PR 海外 グリニッジ大学 大学院 社会人留学 ジャーナリズム Public Relations 広報 メディア British Council 新聞 記者 修士 master ロンドン オリンピック 五輪 学生
スポンサーサイト

プロフィール

Sho100

Author:Sho100
For English version, please go to
http://
awesomesho1.blog.fc2.com/

 新聞記者を12年やって、2011年9月からイギリス・グリニッジ大学大学院へ。Public Relationsの修士コースで学び、2012年のロンドン五輪で柔道・レスリング担当の公式リポーター。
 柔道3段。TOEIC 945。TOEFL 89(IBT)。
 取材渡航歴:カナダ・バンクーバー(冬季五輪)、インド・ムンバイ(テロ事件)、アフガニスタン(テロ事件)、サイパン(刑事事件)
 得意分野:環境(COP10, Biodiversity)、教育(大学)、交通(ローカル線)
Email: shoy003あっとyahoo.co.jp
Twitter:あっとawesomesho

「当ブログの掲載内容は、私個人の見解によるもので、必ずしも所属する組織・団体の立場や見解を反映するものではありません」

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

Vistors

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。