02
:
1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
17
18
19
20
21
23
25
26
27
28
   

ソチ五輪閉幕 30~40代の活躍に勇気

 ソチ五輪では、30~40歳代の選手がすごく活躍して勇気づけられました。このブログのタイトルは、「30歳半ばを過ぎて留学なんて無謀な」という世間の声に反発してつけたものです。年齢のプレッシャーに動じずに見事に結果を残したり、強い印象を与えてくれたりした選手に拍手を送りたいです。

 2週間余りのソチ五輪は23日に閉幕し、何とも言えない余韻が残っています。メディアで一番取り上げられたのは、スキージャンプの葛西紀明選手(41)と上村愛子選手(34)でした。特に葛西選手は、僕が冬季五輪担当だった4年前はまったくメダルを期待されていませんでした。葛西選手はこの時も、「金メダルを目指す」と自己暗示をかけるように繰り返してましたが、冷ややかな反応を示す人がいました。

20140224kasai.jpg
(ソチで喜ぶ葛西選手。沖縄タイムス(共同)のページより)

 かつて、いろんなスポーツ取材をしたときにデスクに言われました。「目指すだけなら誰でもできるだろう」と。高校野球の甲子園にしても、オリンピックのメダルにしても。こんな冷ややかな反応を相手にせず、本当に結果を残した葛西選手にはびっくりです。僕もちょっと冷ややかな反応派だったので、この場で「あの時はすみませんでした」と言いたいです。

 テレビを見ていたら、オーストリアのマリオ・マット選手(34)がアルペンスキー回転で、史上最年長での金メダルを獲得していました。ついでに、スキーで2個の金メダルに輝いたティナ・マゼ選手(30)もぎりぎり30歳代。モデルや歌手として活躍しているそうで、才能を持っている人はすごいなあと感心します。

 僕がこの人たちのまねをできる部分は、やりたいことについてずっと自己暗示をかけて前に進む、ということでしょう。ロンドンに留学する前には「ロンドン五輪に絡む」と思い続け、滑り込みで仕事をゲットしました。次に目指すは、2020年の東京五輪です。「何としても東京五輪に絡むぞー」と今から自己暗示をかけています。


#ご質問などありましたら、お気軽に Sho100のメール shoy003(あっとマーク)yahoo.co.jp へ



<キーワード> イギリス 留学 PR 海外 グリニッジ大学 大学院 社会人留学 ジャーナリズム Public Relations 広報 メディア British Council 新聞 記者 修士 master ロンドン オリンピック 五輪 学生




プロフィール

Sho100

Author:Sho100
For English version, please go to
http://
awesomesho1.blog.fc2.com/

 新聞記者を12年やって、2011年9月からイギリス・グリニッジ大学大学院へ。Public Relationsの修士コースで学び、2012年のロンドン五輪で柔道・レスリング担当の公式リポーター。
 柔道3段。TOEIC 945。TOEFL 89(IBT)。
 取材渡航歴:カナダ・バンクーバー(冬季五輪)、インド・ムンバイ(テロ事件)、アフガニスタン(テロ事件)、サイパン(刑事事件)
 得意分野:環境(COP10, Biodiversity)、教育(大学)、交通(ローカル線)
Email: shoy003あっとyahoo.co.jp
Twitter:あっとawesomesho

「当ブログの掲載内容は、私個人の見解によるもので、必ずしも所属する組織・団体の立場や見解を反映するものではありません」

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

Vistors

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック