08
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

柔道大会で脱臼 先生Shoの存在感は示す




 毎週通っている柔道クラブ主催の大会に出場し、右肩を脱臼してしまいました。試合は残念ながら不完全燃焼に終わりましたが、子供たちに試合をしているところを見せられたので、何とか先生としての存在感は示せたかなと思っています。

20120226judo0.jpg

 黒帯を締める有段者の部には、僕を含めてわずか3人が参加。一番最初の試合で、いつも練習している23歳のジェームス君と対戦しましたが、開始1分弱に巴投げをかけようとしたところ、グキッという音が聞こえました。ここで試合を中断。痛みをこらえながら起き上がり、礼をしてから会場を去りました。会場には道場に通う子供や親たち約100人が観戦に来ていて、何とかいい試合をしないとという気持ちが空回りしました。

20120226judo1.jpg

 それから、初めてのイギリスの病院です。救急車は日本とイギリスを通じて初めて。緊急性がないので、救急車はサイレンを鳴らさずに約10分離れた病院へ向かいました。途中、緑色の作業服を来た救急士が熱や血圧をはかって、酸素吸入をしてくれました。ものものしい白衣よりも、ちょっと安心できました。
 病院では、すぐに肩を入れてくれず、またもや血圧を測り、さらに痛み止めのモルヒネを注射してからようやく医者がやってきて、「さあ、引っ張るからね」と言って、ものの数十秒で肩は元に戻りました。「治療代は?」と尋ねると、「すべてNHSでカバーされているから無料だよ」。NHSという健康保険が充実していて、留学生であっても無料になることを知りませんでした。
 病院を出て、1時間後、再び会場に戻りました。僕が畳の近くに来ると、主催者のスチュアート先生が立ち上がりました。「先生Shoが戻ってきたよ。みんなで拍手で迎えてあげよう」と声をかけると、会場の全員が立ち上がり、僕に向かって大きな拍手と声援を送ってくれました。まるで、ハリウッド映画のラストシーンのような光景でした。「僕はこの通り大丈夫です。しばらく柔道できないけど、教えることはできるから。来週の金曜、また会いましょう」と応えると、どっと笑いが起きました。
 
20120226trophe.jpg

 僕のカテゴリーには3人しか出場していないので、3位のトロフィーをもらってしまいました。もう少し長く畳の上に立っていたかったと悔やまれますが、これで草大会からも引退しないといけないのかなと思いました。プロ選手じゃないけど、引き際って難しいです。これからは子供たちの指導に専念します。


<キーワード> イギリス 留学 PR 海外 グリニッジ大学 大学院 社会人留学 ジャーナリズム Public Relations 広報 メディア British Council 新聞 記者 修士 master ロンドン オリンピック 五輪 学生

窃盗事件2

 同じ寮の別の部屋でも数件の窃盗事件が起きていたことが、レジデント・アシスタント(RA)の話でわかりました。いずれも1階の部屋で、RAが各部屋を回って注意を呼びかけています。
 手口は、開いたままの窓を外から開けて侵入するという単純なもの。ガラスが壊された形跡はありませんでした。部屋の窓に鍵はついていませんが、内側にしか取っ手がついていません。窓を開けていなければこじ開けるのは難しいです。RAの一人は「これ以上の犠牲者を出さないためにも、窓はきっちりと閉めてほしい」と話しています。
 グリニッジは国際標準時の発祥地で、有名な天文台やエリザベス1世が生まれた宮殿などがあり、平日でもたくさんの観光客が歩いています。不特定多数の人が出入りするので、犯罪が発生しやすいのでしょう。一方で、大学生活にどっぷりつかると、警戒心が弱まってしまいます。今回の窃盗事件は厳しい薬になりました。

窃盗事件

 隣りの部屋に住むイギリス人の男子学生が、机に置いてあったノートパソコンを盗まれました。何ものかが1階の窓から侵入したようです。
 夜12時、同級生の飲み会から抜け出して部屋に戻ってきたところ、目を真っ赤にはらしたフロアメートが出てきました。横には、寮の世話役を務めるレジデンス・アシスタントがいて「この数時間以内に何か不審なことはなかった?」と聞いてきます。昨年も1件の窃盗事件があったそうです。イギリスでは1階のことをground floorと呼び、文字通り窓が地面に接しています。部屋をあけるときも、常に電気をつけたままにすることにしました。
20110929theft.jpg

ロンドンの暴動

 イギリス・ロンドンで、黒人の男性が警察官に射殺されたことに端を発する暴動が続いています。留学先のグリニッジ大学は、暴動があった場所から最も近いところで地下鉄7駅ぐらい。大学からは、来年の五輪に向けて整備されているオリンピック公園も近く、治安の悪化が心配です。
 留学を決めた6~7月ごろの話題は、緊縮財政とロンドン五輪が中心で、暴動など予想していませんでした。「中東の春」を迎えた国々ならわかりますが、まさか先進国でこれほど深刻で、警察も手の施しようのない暴動は驚きました。あらためて、外国に行くリスクを感じます。
 9月17日から入居する「Devonport House」という寮は、キャンパスの中にあります。五輪期間中の来年7~8月は選手村の一角になるようで、僕たち寮生は追い出されます。それほど、五輪が間近にあるところです。記者の端くれであることを忘れずに、留学中もデジカメを携帯することになるでしょう。
 配信希望の方は、助手のヘンリー・山下氏まで(笑)

プロフィール

Sho100

Author:Sho100
For English version, please go to
http://
awesomesho1.blog.fc2.com/

 新聞記者を12年やって、2011年9月からイギリス・グリニッジ大学大学院へ。Public Relationsの修士コースで学び、2012年のロンドン五輪で柔道・レスリング担当の公式リポーター。
 柔道3段。TOEIC 945。TOEFL 89(IBT)。
 取材渡航歴:カナダ・バンクーバー(冬季五輪)、インド・ムンバイ(テロ事件)、アフガニスタン(テロ事件)、サイパン(刑事事件)
 得意分野:環境(COP10, Biodiversity)、教育(大学)、交通(ローカル線)
Email: shoy003あっとyahoo.co.jp
Twitter:あっとawesomesho

「当ブログの掲載内容は、私個人の見解によるもので、必ずしも所属する組織・団体の立場や見解を反映するものではありません」

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

Vistors

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック