08
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

イギリス鉄道の旅

 大学院留学を終えて、再びイギリスに渡るのは5回目。イングランド西部のブリストルとウェールズ最大の都市、カーディフにあえて大好きな鉄道で行きましたが、やはり"welcome to England" の洗礼を受けました。イングランドの人が現地のサービスを自虐を込めて使う表現が、まさに当てはまりました。

20170108uk3.jpg
(イギリスではまだまだディーゼル機関車や気動車が主力)

 クリスマス後の12月29日、ロンドン五輪のリポーターの仕事で一緒だったローラさん夫婦に会うため、カーディフに向かいました。ところが、乗り換え駅のニューポートに着くと、駅前とプラットホームには人だかりができていました。切符売り場の女性に聞くと、「カーディフへの列車は運休していますよ」と言いますが、別の駅員は「遅れているけど運行している」と言います。停車中の運転士に聞くと、「ごめんね。これ回送なんだ」。

20170108uk5.jpg
(車内は、各駅停車でも急行型のような座席配置で快適)

 「20分遅れで到着します」というアナウンスに希望を託してプラットホームに立っていると、「皆さんの立っている方とは反対側に列車が入ります」とアナウンス。ディーゼル列車に揺られ、結局、乗り継ぎ前の遅れと合わせて予定の2時間遅れで目的地に着きました。

20170108uk1.jpg
(運休や遅れの表示される電光掲示板。乗客はあきらめ顔で通り過ぎていく)

 ブリストルに向かう列車もまた20分遅れでした。列車が遅れたのは、通常の手際の悪さに加え、カーディフ近辺で電化工事が進んでいるのが理由のようです。2019年には、ロンドン―カーディフ間が電化されると発表されています。

 救いだったのは、「あきらめずによく来てくれた」というローラさんのなぐさめでした。さすがに列車の遅れには慣れていて、1時間以上待っていたのに明るい表情で迎えてくれました。五輪の年に知り合った旦那さんとゴールインして本当によかったです。カーディフ自体も駅前の通りが整備され、雰囲気は最高でした。

 鉄道の運賃は年々上がるなか、地元の人は鉄道に信頼を置いていないようでした。でも、鉄道発祥の地として何とか盛り上げてほしいです。



#ご質問などありましたら、お気軽に Sho100のメール shoy003(あっとマーク)yahoo.co.jp へ



<キーワード> イギリス 留学 PR 海外 グリニッジ大学 大学院 社会人留学 ジャーナリズム Public Relations 広報 メディア British Council 新聞 記者 修士 master ロンドン オリンピック 五輪 学生

1年ぶりのイギリス 新年パレードが街を彩る

 年末から年始にかけて、1年ぶりにイギリスに行ってきました。ウェールズはのどかな時間が流れていましたが、ロンドンは相変わらず、多くの人が行き交う混雑ぶりでした。いろんな写真を撮って、ネタを仕入れてきたので、ぼつぼつと書いていきます。

20160105newyear.jpg
(ロンドンの初日の出)

 ロンドンに到着したのは、12月31日の大晦日。花火を目指して混雑する中心部を避け、Hammersmithなどを回りました。今年の花火は事前にチケットに当選した人だけが花火の見えるスポットに入れる入場規制があったようで、僕の友達の一人は、グリニッジあたりに行ってテムズ川の対岸から花火を鑑賞したとのことでした。

20160105london.jpg
(古い建物を縫って走るロンドン地下鉄)

 さて、新年の1月1日は拍子抜けしたように静かでした。正午からは、グリーンパークで新年恒例のパレードがスタートしましたが、フランス人など観光客が目立ちました。「イギリス人はどこに行ったんだろう」と、イギリス人が言うほとでした。旧式のバスや馬、ロバ、マーチングバンドが続々と登場し、曇り空のロンドンを彩っていました。

20160105parade.jpg

20160105parade2.jpg

 もちろん、かつて通っていたグリニッジ大学のあるグリニッジにも行ってきました。DLR(ドックランド・ライト・レールウェー)の車内には「Make Greenwich your No. 1 choice」の力強い車内広告を発見しました。最近、教授と連絡を取っていませんが、PR学科が引き続き盛り上がっているといいなと思います。

20160105greenwich.jpg

 次は、年始の百貨店について書こうと思います。


#ご質問などありましたら、お気軽に Sho100のメール shoy003(あっとマーク)yahoo.co.jp へ



<キーワード> イギリス 留学 PR 海外 グリニッジ大学 大学院 社会人留学 ジャーナリズム Public Relations 広報 メディア British Council 新聞 記者 修士 master ロンドン オリンピック 五輪 学生

英国展へ再び やはり食べ物が一番

 イギリスの食べ物や雑貨、アクセサリーなどを一挙に販売する「英国展」に、行ってきました。会場の伊勢丹新宿店本館(東京都新宿区)には日本でふだん手に入るものから、ちょっと珍しい輸入品までそろい、またまたイギリス気分に浸ることができました。

20151108british1a.jpg

 今回の”戦利品”もやはり食べ物が中心でした。バタークッキーは日本製よりも濃い味わいで、たまに飲む紅茶とよく合います。カカオの比率が高いチョコレートに英国旗をイメージしたカップケーキと、甘いものが多くなったので、節制しながら徐々に食べていくことにします。留学中は現地の人と同じペースでデザートやお菓子を食べると太り気味だったので、自分は抑え気味がいいかなと思っています。

20151108british2.jpg

 当然手の届かない価格帯でしたが、目についたのは、ビンテージ品を扱うエリアです。2005年アメリカ製のピーター・ラビットのぬいぐるみは希少品のようで、54万円(税込)の値段が付いていました。このほか、1980年代に牛乳の個別配達に使われたガラスの瓶(クノールの広告入り)やティーセットなど、見ているだけでも楽しい品々がありました。

20151108british4.jpg

 英国展は11月9日(月)まで。これまでも毎年のようにどこかでイギリスの品を集めた販売会が開かれているので、次の企画が楽しみです。

20151108british5.jpg

20151108british3.jpg



#ご質問などありましたら、お気軽に Sho100のメール shoy003(あっとマーク)yahoo.co.jp へ



<キーワード> イギリス 留学 PR 海外 グリニッジ大学 大学院 社会人留学 ジャーナリズム Public Relations 広報 メディア British Council 新聞 記者 修士 master ロンドン オリンピック 五輪 学生



イギリスの雰囲気を堪能 東京・青山でブリティッシュ・マーケット 11月1日まで

 イギリス伝統の雑貨や食べ物などを販売する「ブリティッシュ・マーケット」が31日、東京・青山のBritish Made青山本店で始まりました。掘り出し物を見つけようとさっそく視察に行き、イギリス人の菓子職人が作ったケーキやゴールデンシロップを買いました。そのほか、英国旗をデザインした商品や紳士服など、見ているだけで楽しい空間でした。マーケットは11月1日まで開催され、女性アーティストグループによるミニライブも予定されています。

20151031Bmarket1.jpg
(ゴールデンシロップはポリッジに混ぜたり、ケーキの材料にしたりします)

 木目のフロアリングでイギリス風を醸し出す店内では、テーブルウエアやアロマグッズ、ワイン、サイダーなどがずらりと並びました。また店外では、ウイリアム皇太子とキャサリン妃の等身大のパネルがお出迎えし、「フードといえばGREAT」というバナーとともに通行人にアピールしていました。

20151031Bmarket5.jpg
(ウイリアム皇太子とキャサリン妃の等身大パネルは不思議な演出)

 中でも、東京・麻布のイギリス人ケーキ職人、ステイシーさんのケーキが出ていたのは収穫でした。「モーニングクレセント」というお店を開いていて、ケーキが販売されるのは月に数えるくらいです。昼過ぎには売り切れてしまうほどの人気ですが、この日は何とかゲットできました。イギリス人によると、日本のケーキはクリームと砂糖で味付けされていますが、イギリスのケーキは原料やフルーツの味を生かしていろんな形をしているのが魅力だそうです。

20151031Bmarket3.jpg
(店内では女性アーティストがビートルズの名曲を演奏中でした)

 ところで、新宿の伊勢丹新宿本店では11月3日から10日まで、英国ウイークと題してイギリスの商品をたくさん販売するようです。イベントのホームページには、3人のイギリス在住のブロガーと記事が紹介されています。ちょっと話がずれますが、日本でもブロガーの注目度がアップしているのはうれしいことです。

20151031Bmarket2.jpg

 伊勢丹に行く機会があったら、こちらも取材してこようと思います。


#ご質問などありましたら、お気軽に Sho100のメール shoy003(あっとマーク)yahoo.co.jp へ



<キーワード> イギリス 留学 PR 海外 グリニッジ大学 大学院 社会人留学 ジャーナリズム Public Relations 広報 メディア British Council 新聞 記者 修士 master ロンドン オリンピック 五輪 学生

 

秋のオフ会 最大規模の15人に ブログ経由で留学希望者も

 イギリス大学院の留学経験者や希望者らが集う「秋のオフ会」は16日、東京・四ツ谷のブリティッシュパブ「Rising Sun」で開かれ、過去最大規模の15人が参加しました。会場となったパブは1974年にオープンした味のあるお店で、ブリティッシュの雰囲気を味わいながらビールやシェパーズパイなどを堪能しました。

 参加した15人のうち、これから留学を検討されているのは3人でした。初めて参加の方も3人いて、フレッシュな顔ぶれとなりました。留学の準備で何から手をつければいいのか、帰国してから留学の経験をどのように生かしていくのか、なかなか一人では解決できないですが、いろんな人と話しているうちに自然と道がみつかる場合もあります。ブリティッシュ・ビールが少しでも助けになればと思います。

20151017bus1.jpg

 さて、オフ会当日の昼間に偶然、東京都内でロンドンバスを見かけました。旧型のルートマスターです。路線番号「38」が原型のまま掲示されていて、本物感が漂っていました。ということで、イギリスづくしの1日でした。

 次回のオフ会は年明けになるかなと思っています。


#ご質問などありましたら、お気軽に Sho100のメール shoy003(あっとマーク)yahoo.co.jp へ



<キーワード> イギリス 留学 PR 海外 グリニッジ大学 大学院 社会人留学 ジャーナリズム Public Relations 広報 メディア British Council 新聞 記者 修士 master ロンドン オリンピック 五輪 学生

プロフィール

Sho100

Author:Sho100
For English version, please go to
http://
awesomesho1.blog.fc2.com/

 新聞記者を12年やって、2011年9月からイギリス・グリニッジ大学大学院へ。Public Relationsの修士コースで学び、2012年のロンドン五輪で柔道・レスリング担当の公式リポーター。
 柔道3段。TOEIC 945。TOEFL 89(IBT)。
 取材渡航歴:カナダ・バンクーバー(冬季五輪)、インド・ムンバイ(テロ事件)、アフガニスタン(テロ事件)、サイパン(刑事事件)
 得意分野:環境(COP10, Biodiversity)、教育(大学)、交通(ローカル線)
Email: shoy003あっとyahoo.co.jp
Twitter:あっとawesomesho

「当ブログの掲載内容は、私個人の見解によるもので、必ずしも所属する組織・団体の立場や見解を反映するものではありません」

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

Vistors

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック