10
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

英語能力テスト「IELTS」に、家族向けテストが登場 4月からビザ制度改正

 イギリス留学に必要な英語能力テスト「IELTS」(アイエルツ)に、配偶者や扶養家族のビザ申請に必要なテストが登場しました。その名も、「IELTS Life Skills」。イギリスで生きていくために必要な英語力を証明せよ、という意味に聞こえますが、今いち、何がどう変わったのかよくわかりません。取り急ぎ、日本語と英語の関連するホームページをチェックしてみました。ちなみに、大学院に留学する場合は、テストの形式や難易度は変わらないので、まったく影響はないようです。

20150411sakura.jpg
(桜の季節にIELTS制度変更のニュースが飛び込んできました)

 <さて、今日は英国留学をお考えの皆さまにお知らせがあります。英国政府は英国のビザと移民申請に必要な英語力証明Secure English Language Test (SELT)の変更を発表しました。これにともなって、2015年4月6日から従来のIELTSテストに新たに英国ビザ申請のための4つのタイプが加わりました>

 ブリティッシュ・カウンシルのブログに、何やら重大事項のような文章が載っていたので、ぎょっとしました。よく内容をチェックすると、これまで1つだったIELTSが4つに細分化され、大学留学目的のテストのほかに、学士未満の留学のためのテスト、配偶者向けのテスト、永住権・市民権申請のためのテストができたようです。

 大学院に留学するには、「IELTS Academic for UK Visas and Immigration」を受けることになります。テストの内容はこれまでのIELTSと同じです。新分類の4つのうち、一番難しいテストかもしれません。一方、「IELTS Life Skills」は、IELTSの公式サイトによると、Speaking とListeningのみで、テストの時間は20分前後です。

 制度改正は2015年4月6日、つまり1週間ほど前から実施されたのですが、なぜこのような改正が行われたのでしょうか。ブリティッシュ・カウンシルやIELTSの公式サイトにはもちろんそんなことは書いていませんが、留学生や移民が入国するハードルを高くしようとしているのでは、と想像してしまいます。ビザの取得は、日を追うごとに難しくなっていくかもしれません、ので、「留学は早いうちに」といろんな人にアドバイスしたくなってきました。

 イギリスの総選挙はいよいよ、1か月後の5月7日に迫ってきました。どの党が政権を取るかによって、留学のしやすさが変わってくるかもしれません。


#ご質問などありましたら、お気軽に Sho100のメール shoy003(あっとマーク)yahoo.co.jp へ



<キーワード> イギリス 留学 PR 海外 グリニッジ大学 大学院 社会人留学 ジャーナリズム Public Relations 広報 メディア British Council 新聞 記者 修士 master ロンドン オリンピック 五輪 学生

 

自分を変える教室

 日本でベストセラーになっている「スタンフォードの自分を変える教室」を、英語版で読んでいます。1か月前に購入してから通勤中にちょっとずつ読み進め、全体の3分の2にあたる160ページに到達。自分をうまくコントロールして、長期的な目標を達成するという著書の方法論を理解しつつあります。

20130320stan.jpg

 日本の書店では、もうおなじみになったこの青い表紙。著者のKelly Mcgonigalさんがなかなかの美人ということもあって、ずっとビジネス書の目立つところに置いてあります。せっかくだから英語の勉強も兼ねて、英語版を買ってみました。本屋には置いている気配がなかったですが、さすがはAmazon、注文から3日で届きました。

20130320will.jpg

 装丁は、日本版とはまったく趣が違う「教科書風」です。このまま輸入したら売れないだろうなあ、日本版がなかったら絶対に買わなかったなあと思いました。見かけはさておき、書いてあることはまともです。何回も、give in temptation とか self-compassion, prefrontal cortex という言葉が出てきます。要するに、根性論だけで自分をいじめていては生活習慣は改善しない、自分が誘惑に負ける瞬間を冷静に見つめ、ちょっと一息ついてから決断しましょう――ということが書いてあります。テスト勉強も、あまり自分を追い込みすぎると、アルコールやコーヒーの依存につながるので、ほどほどがいいようです。

 大学1~2年生の基礎知識を身に着ける講座を想定して書かれた本なので、内容はわかりやすいし、英語はTOEFLほど難しくないです。脳がフレッシュな朝のうちに少しずつ知識を詰め込んでいけば、留学に向けた力を効果的に蓄えられるかもしれません。


#ご質問などありましたら、お気軽に Sho100のメール shoy003(あっとマーク)yahoo.co.jp へ



<キーワード> イギリス 留学 PR 海外 グリニッジ大学 大学院 社会人留学 ジャーナリズム Public Relations 広報 メディア British Council 新聞 記者 修士 master ロンドン オリンピック 五輪 学生



Bilingual comedy

 帰国してからも英語を使う機会を見つけようと、いろんな方法を模索しています。先週は、東京のパブなどで公演しているお笑い集団のショーを見に行きました。英語を聞く、笑う、ネットワークを広げるの一石三鳥の効果がありました。

 "Welcome to our show. We are a short form English & Japanese comedy group in Kanto. Our shows are different every time. The ideas for each games come from you, the audience" (私たちのショーにようこそ。私たちは関東で活躍する英語と日本語の短編コメディーグループです。ショーの内容は毎回違います。ショーのなかで行われるゲームのアイデアは、観客席にいる皆さんから募っています)

20130303comedy.jpg

 今回のショーの舞台は、東京・目黒のブリティッシュパブ「What the Dickens」。Pirates of Tokyo bay(パイレーツ・オブ・東京湾)のメンバーはショーの冒頭、ステージに集まると、ショーの特徴を英語と日本語で詳しく説明。ショーでは、「侍」や「ニューヨークチーズケーキの愛好家」「海賊嫌いの人」などメンバーが演じる役割のアイデアをお客さんから募り、後から入ってきた別のメンバーがその役割を当てるゲームなどを展開しました。

 この催しは、Meetupというネットワーキングサイトで見つけました。Meetupの各グループでは週末に、英語を使ういろんなイベントを企画しているのでチェックしてみる価値はあります。次回のPirates of Tokyo bayのショーは、3月31日(日)、場所は同じく What the Dickens です。



#ご質問などありましたら、お気軽に Sho100のメール shoy003(あっとマーク)yahoo.co.jp へ



<キーワード> イギリス 留学 PR 海外 グリニッジ大学 大学院 社会人留学 ジャーナリズム Public Relations 広報 メディア British Council 新聞 記者 修士 master ロンドン オリンピック 五輪 学生


便利な英語の表現

 修士論文の面倒を見てくれたり、いろんな相談事に応じたりしてくれたグリニッジ大学のMark Phillimore 教授がよく使う表現があります。メールの一部を引用してみます。

"You might want to also set up a meeting with Caron as she may have some additional insights on the people who you interviewed."

 ちょうど、修士論文のインタビューの分析について、別の教授にも会ってアドバイスをもらった方がいいよ、というメッセージでした。正直なところ、イギリスに留学する前は、You might want to ~ という表現に出会ったことがありませんでした。15年前にカナダに留学していたときも耳にしなかったので、イギリスで特に多い表現なのか、この人が特によく使っている表現なのか-。ネットで検索してみると、わかりやすい解説が見つかりました。

20121107rail111.jpg
(旅情を誘う単行のディーゼル車)

 ニューヨークに駐在している方のサイトによると、You might want to ~ は、should や had better, may want to ~ よりもさらに丁寧で遠回しな言い方のようです。Phillimore 教授は、修士コースにいる僕たちをある程度、大人扱いしているのでもっとも強制力の少ない表現を選択しているのかなと思いました。直訳すると、「~君はひょっとして別の教授にアドバイスをもらいたいと思っているのかもしれないね」と奇妙な言い回しになるのですが、1年もいると普通に受け止められるようになりました。
 たびたび接している人の英語のくせは、うつるものだなあ、と実感しました。柔道の指導をしているときなど、いつしか自然にこの表現を使うようになっていました。言語の習得は、物まねや模倣からスタートするといいかもしれません。



#ご質問などありましたら、お気軽に Sho100のメール shoy003(あっとマーク)yahoo.co.jp へ



<キーワード> イギリス 留学 PR 海外 グリニッジ大学 大学院 社会人留学 ジャーナリズム Public Relations 広報 メディア British Council 新聞 記者 修士 master ロンドン オリンピック 五輪 学生




オフ会に新メンバー3人

 東京・上野で9日夜に開いた第2回オフ会には、新しいメンバー3人を含む計6人が参加し、留学の準備のやり方などについて意見を交換しました。
 新しいメンバーは20歳代前半で、アパレルや国際開発などに関心があるとのことでした。このほか、今月中旬にイギリス西部のカーディフ大学で留学を始めるYoshiroさんも駆けつけ、アドバイスをくれました。
 議論の中で僕が気になったのは、留学前にどれだけ職業体験またはインターンの体験を積むべきかということ。イギリスの大学院は、学部に関係する専門分野で何年かの職業体験がないと入れないところがけっこうあります。逆にそんな制限がないところでも、英語力の足りなさをカバーするために、仕事をやったときの具体的なエピソードがあると教授からも一目置かれます。
 それぞれの人によって事情が違うので、なかなかベストな回答は出しにくいですが、講演会に参加して関係する人をつかまえたりして、国内にいる間にできるだけ準備を積むのがいいと思いました。
 今回はうっかり写真を撮るのを忘れてしまったので、写真はありません。イギリスに帰ってから、またたくさん写真を撮ってきます。




<キーワード> イギリス 留学 PR 海外 グリニッジ大学 大学院 社会人留学 ジャーナリズム Public Relations 広報 メディア British Council 新聞 記者 修士 master ロンドン オリンピック 五輪 学生

プロフィール

Sho100

Author:Sho100
For English version, please go to
http://
awesomesho1.blog.fc2.com/

 新聞記者を12年やって、2011年9月からイギリス・グリニッジ大学大学院へ。Public Relationsの修士コースで学び、2012年のロンドン五輪で柔道・レスリング担当の公式リポーター。
 柔道3段。TOEIC 945。TOEFL 89(IBT)。
 取材渡航歴:カナダ・バンクーバー(冬季五輪)、インド・ムンバイ(テロ事件)、アフガニスタン(テロ事件)、サイパン(刑事事件)
 得意分野:環境(COP10, Biodiversity)、教育(大学)、交通(ローカル線)
Email: shoy003あっとyahoo.co.jp
Twitter:あっとawesomesho

「当ブログの掲載内容は、私個人の見解によるもので、必ずしも所属する組織・団体の立場や見解を反映するものではありません」

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

Vistors

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック